ハス池の攻防
By Aki
6月初旬、今シーズン初釣行は運よく梅雨入り前の遠征となった。

昨年は天候に恵まれないことが多かったが、今回の天気は最高で、他のメンバーの5月釣行の結果もそこそこだったと聞いており、かなり期待していた。

サイズはともかく反応のよいところをまわり、マズメに一級ポイントで大型を狙う作戦だ。

事前情報でヒシの発育が遅れていることは聞いていたが、あれから2週間が経っても、フィールドにヒシが無い・・・。また、昨年好調だったフィールドが、水抜き等で潰れてしまっていたため、あてが外れてしまった。

ヒシのライトカバーのフィールドを広範囲に探る予定だったが、どのフィールドにもヒシが無く、ハス池を中心に回る予定に変更した。

ハス池には雷魚マンが集中しているのか、どのフィールドも反応が悪く、2日間を費やして、小型をかろうじて2本獲ったのみという貧果。(エクストリームフロッグ)

最終日の3日目は、朝から夕方まで大型が期待できるハス池に絞り、エクストリームフロッグでの一発を狙っていた。

その狙いどおり、活性が上がった一瞬に、捕食があった場所の付近(捕食後に移動したと想定)で、スローに誘っていたエクストリームフロッグに大型と思われるアタックがあり、渾身のアワセでフックアップ。一旦はフックアップに成功したが、最初のヘッドシェイクでバレた・・・。

食い込みが浅そうだったので、もう少しだけ送り込むべきだった。

その後も狙い続けたが、一発のアタックもないまま終了することになった。



Back to 2012 Report Top