モンスター雷魚を狙って 1
By Aki
不完全燃焼でフラストレーションが残った前回の釣行から1週間後、有給休暇を取得してリベンジ釣行。

今回こそは90アップを・・と気合を入れて釣行。

35℃を超える猛暑が続き、朝夕のマズメ時だけに集中してモンスターを狙った。

カバーの生育が悪く、猛暑というコンディションだが、今回は雷魚の活性が高く、フロッグへの反応も良かった。

ブレード付き、バイブラテール付きのアトラクターによるアピールへの反応はもちろん、団子状態のフロッグでも、雷魚は同じような反応を示した。

オープンエリアでは、フロッグを見つけた雷魚が、1mくらい離れた場所から勢いよく飛びかかってきたり、ゴールデンタイムには雷魚のアタックが頻発した。

釣れるのは60cmクラスばかりで、たまに70クラスが混じる程度だったが、釣れない日々が多かったので、久々に雷魚ゲームを楽しむことができた。

活性が高い時間帯は、小型が先に食ってしまうような感じだった。そんな状況だったが、最終日に85cmを釣った。

実は、その前にかなり大型のアタックを取ったが、ヘッドシェイクでバラしていたので、85を釣っても心が晴れなかった・・・

最終日、昼過ぎには帰路につく予定だったが、モンスターを狙うために日没まで粘った。

しかし、現実はそんなに甘くなく、結局、85を超える雷魚を手にすることはできなかった。

タックル)

ロッド:オオノ WBM BHS80

リール:ABU 6500C ロケット

ライン:オオノPE8号(白)

フロッグ:スナッグプルーフ・エクストリームフロッグ



Back to 2012 Report Top