日帰り遠征
By Ken
8月下旬、今シーズン初の遠征に出た。遠征といっても、仕事の都合上、連続した休日が取れないので例によって日帰りでの釣行となる。

事前に仲間からのフィールド情報はあるのだが、回れるフィールドの数が限られ、尚且つ真夏ということで、マズメ時のゴールデンタイムに適切なフィールドに入らなければ、未知数の部分が多く、結局の所は「出たとこ勝負」になる。

その日は当初、猛暑の予報だったが、次第に変化し、夜明け前には結構な雨が降っていた。最初のフィールドに入った時はなんとか雨は止んでいたが、またすぐに降り出した。

前日には相当降ったようで、どこのフィールドもオーバーフローからは大量の水が溢れ出ていた。

通常この時期は減水しているものなのだが、想定外の雨に肩透かしを食らったようだ。水温も低下しているのだろう。


せっかくの遠征なので、朝の涼しい時間帯は一発大物の可能性のあるフィールドを回るのが常だが、2時間以上かけて3か所回ったにも関わらず、フロッグへの反応はおろか、捕食音でさえ聞こえたのは2回のみという低活性の状況では、どうしようも無い。

カバーの状態は良好だったので残念であった。

期待していた朝が大ハズレになり、意気消沈しそうだったが、とにかく「一本」。と目標を切り替え、次を目指した。

この頃になると雨は止み気温が上がってきた。

サイズはともかく魚影の濃さそうなフィールドを中心に回ったが、どこも沈黙していて、捕食音や気配を感じることは殆ど無かった。それでも渋いながらも、小型を2本キャッチすることが出来た。


とりあえずノーフィッシュは免れたが、目標を下回る結果に何となく釈然としないまま帰路に着くことになった。

出来る事なら今シーズン中にもう一度挑戦したい。

タックル)

ロッド:鬼に金棒80LBORON

リール:ABU6500CS PRORCKET

ライン:フジオカ8号

フロッグ:エクストリームフロッグ21gブラック

Back to 2012 Report Top