2013雷魚開幕戦
By Ken
5月初旬、2013シーズンの開幕戦に出かけた。

昨年は、シーズン全般を通じて全くふがいない釣果だったので、今年は開幕から理想的なゲームで雷魚をキャッチしておきたいと思った。

しかし、長かった冬の影響で、カバーの状態や、雷魚の活性がどのようになっているのか、又は水抜きや駆除などが行われていないか、など不安要素は多々あったが、とにかく車を走らせ、午前9時頃に最初のエリアに入った。

しかし、この日の天気は雲が多く、冷たい北風が強く吹くという雷魚釣りには厳しいコンディションだった。

いくつかあるフィールドを車で回りながらカバーの状態を確認していったが、やはりどこもカバーが非常に少なく、カバーゲームが成立するほどの状態では無かった。

とりあえず、その時間の日当たりと風向きを考え、ある野池の一角に的を絞り、ロッドを出してみた。案の定、条件の良い所に数本の中型雷魚の姿があったが、フロッグの存在に気付くなり、全ての雷魚が一瞬にして沖に逃げて行ってしまった。このエリアで一番条件の良さそうな野池がこの状態では、エリア全体の望みが薄いと判断し、大きく移動することにした。


次に訪れた野池は、枯れハスと僅かにヒシが生えていた。

先ほどのエリアと比較するとカバーはマシな状態だ。試しに枯れハスの間を投げてみると、小型がフロッグを追いかけてきた。ここは活性が高そうだ。これならアタックしてくる雷魚もいるだろう。

しかしここも変わらず強風で、太陽が雲で隠れてしまうと、更に風が冷たくなってしまう。この状態が続くと表水温が低下し、雷魚も沈んでしまう。雲の切れ間で、太陽がしばらく顔を出し、水温が上がっている間が勝負だ。

そしてフロッグは雷魚の活性が上がることを願ってブレード2枚装着のエクストリームフロッグをセレクトし、風と日当たりのタイミングを計りながらキャストした。

10分程経過した頃だろうか、まばらなカバーの中に僅かに密集している箇所があり、そこをスローにフロッグを通していたら、後方に気配がした。

久々に訪れた緊張の瞬間。フロッグはストップさせたまま様子を見ていると数秒後に小気味良い捕食音を共にフロッグが消えた。キャッチしたのは良い体格の70クラスの雷魚だった。

とりあえず1本獲れたことでホッとした。少ない休暇を利用し、徹夜で運転する遠征なので、最初の1本は非常に嬉しい。「ああ、これで帰ることが出来る!」と安堵した。

さらに続けていれば、アタックを取れるかもしれないが、他のエリアも確認しておきたいので、車で大きく移動した。


しかし半日近くかけて広く探ってみたが、フィールドの状態はどこも悪く、岸際にいる雷魚をサイトで狙ってみたが、フロッグに気付くと一目散に消えてしまうような状態だった。

結局、午前中に1本キャッチした池に戻り、再びキャストした。この頃になると、上空の雲は随分少なくなり、日当たり時間は増えた。しかし風は更に強くなっていた。

キャスト時に風の影響を受けにくいアトラクター無しのエクストリームフロッグ(ダンゴ)をセレクトし、日当たりの良いエリアに的を絞り、スローに攻め、ほどなくして2本目をキャッチした。

今度は少しサイズアップし、75くらいのサイズだった。1本目と同様、雷魚は長めのポーズを入れている時にアタックしてきた。

この勢いで夕マズメもひと勝負、と考え移動したが、日が傾きだすと共に気温は下がり、風は更に強さを増し、とても釣りどころでは無くなってしまった。移動中に見かけたフィールドではダウンジャケットを着ている雷魚マンもいた。それほど夕方は冷たい風が吹いていたこの日は終了した。


翌日は全く違うエリアを回った。どちらかというと本命エリアなのだが、下見をして愕然とした。カバーがものすごく少ないのだ。

ここ数年、天候不順の影響か、この時期に訪れるとどこもオープンウォーターのフィールドばかり。

緑色のカバーが、広く池を覆っているような情景を期待するのは無理がある。それでも例年であれば、水面直下の茶色のウィードや、最近増えてきた赤い浮草など、多少はカバーゲームと呼べる程度のものがあるものだが、今年は随分少なかった。

唯一、とある中型野池の一角にヒシが薄く張っている所があり、そこでロッドを出してみると、運良く数回アタックは得られたのだが、残念なことにフッキングにまでは至らなかった。なんとかカバーゲームは成立したが、ここのヒシは発育が良くないのか、茶色をしていた。

午前は昨日と同じような天候であったが、昼前から雲が空を覆いつくしてしまった。雨の心配こそ無いのだが、雷魚の活性は上がらない。

日当たりや風力など、天気予報をチェックしながらエリアをセレクトし、活性のあるフィールドにベストなタイミングで入れるようあがいてみたが、タイムアップを迎え、結局2日目はノーフィッシュで終わってしまった。

ロッド  鬼に金棒80L BORON

リール  ABU6500CL BIGGAME

フロッグ エクストリームフロッグ モスグリーン19g

                 クリアブラック/シルバーグリッター21g

Back to 2013 Report Top