Morishin
LINE  

ラインはPEの8号が中心で、フィールド状況に応じて10号まで使用する。ダブルラインにする方法は基本的に三つ編だが、フィールド上で結び直す場合は時間のかからないビニミツイスト。フロッグとハワイアンフックはオフショアスイベルノットで接続するが、これは角度によっては(カバーに絡んだ後に横になっている場合もある)伸びてしまうこともあるので、ヘビーカバーや遠投時には使用しない。


色についてはいろいろ考え、本も読んで研究し、私は白が一番雷魚の目につきにくいという結論になった。

これはルアーショップオオノのオリジナルPEライン。低価格なので頻繁に交換できる。

昨シーズン一番多用したのはVARIVAS。滑りが良く、キャスティングがし易い。
今シーズンメインで使うのはこのYGKよつあみのウルトラダイニーマ。8号で45kg。100m巻で売っており、超遠投にはうってつけのライン。しかもかなり値引きされていることが多く、安く購入できる。

Back to Tackle Top