Morishin-2003
LINE  

ラインに関しては毎年ほぼ同じ選択をしている。ブランド数も少なく、特性も似通っているので、安売りされていればそのラインを使う傾向にある。私は8号が中心で、フィールド状況に応じて10号まで使用する。ダブルラインにする方法は基本的に三つ編。フロッグとの連結はハワイアンフック(YO-ZURI)を使用。
スナッグプルーフなど軽量小型フロッグを使用する際は直結する人が多いようだが、私はハワイアンフックをそのまま使う。フロッグのバランスが崩れることを嫌うために直結にするようだが、私はオープンウォーターでのシビアなサイトフィッシングをする訳ではないので、フロッグの交換のし易さを重視してハワイアンフックを使用する。
注)ハワイアンフックはラインとフロッグの角度によっては簡単に伸びてしまうことがある。
  カバーの状況などによっては直結にしてリスクを軽減しなければならない。


コストパフォーマンスの高いルアーショップオオノのオリジナルPEラインは欠かせない。私は白が一番魚から見え難いと信じているので、白を多用する。染料によってラインの硬さが異なると言われており、黒は白に比べて硬い。
昨シーズンメインに使ったのはYGKよつあみのウルトラダイニーマ。8号で45kg。雷魚専用PEのようなコーティングは施されていないが、カバーでの使用には問題ない。特売品を見つけて買うようにしている。
また、色分けされているので飛距離の計測が容易。
旧モデルに比べて、しなやかになったような気がする。コーティングも適度にされており、飛距離も申し分ない。
8号は上記の2種を使い分け、10号を使う場合はこの雷強を使う。

Back to Tackle Top