Morishin-2004
Frog

今シーズンはスナッグプルーフ社(Snag Proof Manufacturing)のフロッグに限定した釣りをすることになった。もちろん日本の雷魚専用フロッグもそのパフォーマンスの比較をするという意味において使うが、あらゆる状況下においてスナッグプルーフ社製フロッグをメインに使うことになる。
そのスナッグプルーフ社製フロッグ はこの日本の雷魚釣りにおいては Original Frogと呼ばれるシリーズ(なかでもCast Frog)が一般的に使用されているが、私の場合、小型で軽量なため使用するシチュエーションはライトカバーもしくはオープンエリアで喰わせる場合とシーズン後半のヒシが沈みかけた状態などに限定される。
これらのシチュエーションでは繊細なアクションとずば抜けたフッキング性能によって他のフロッグの追従を許さない。
しかし、盛夏の厚いカバーエリアや中距離以上のアプローチになるとその小型軽量なOriginal Frogでは歯が立たないため、日本の雷魚専用フロッグの独壇場となってしまう。アメリカでは同社のトーナメントフロッグ(Tournament Frog)が多用されており、その名前のとおりバストーナメントでも使われているが、バスボートからの超近距離のアプローチ(フリッピングやピッチング)で広いエリアを広範囲にスピーディに探るという釣り方のため、日本の雷魚専用フロッグとは基本コンセプトが大きく異なっている。

これらスナッグプルーフ社製のフロッグの詳細は別のコーナーで詳しく載せることにして、ここでは今年メインで使うフロッグについて紹介したい。

Bobby's Perfect Frog
このフロッグはスナッグプルーフ社契約バスプロのBobby用のチューニングモデル(プロトモデル)。通常のトーナメントフロッグとの違いは、1)ゲイブの深いフックが装着され、ボディ上部に水平に近いラインでフックポイントがくる 2)足が根本から無い という2点。トーナメントシーンからのフィードバックをもとにパフォーマンスを高めたモデルと言える。このフックとボディのバランスはまさしく雷魚用チューンと同じだ。
このフックはバス用の細軸のため不安が残る。また、ボディ内にはプラスチックのカプセル状のラトルが入れられている。

*この写真はチューン前の状態

トーナメントフロッグはこのプロシリーズとモスマスターシリーズの2種類あり、プロシリーズはOwner製フックが装着されておりラメ系のカラーなどバリエーションが多い。このシリーズはオリジナルフロッグ同様に多くのルアーメーカーにコピーされ、アメリカにおける現代のウィ-ドレスフロッグの原型となっている。私はラメ、クリア系のカラーが好きなのでこのプロシリーズを選択している。

このシリーズはボディ形状が平べったいため、キャスティング時の空気抵抗によってその軌道は変化してしまう。よってキャスティング精度が低くなってしまうというデメリットがある。また、オリジナルフロッグのようなトリッキーなアクションは難しく単調な首振りアクションになり易い。しかし、雷魚専用フロッグでは出せないアクションはスレたフィールドで効果的かもしれない。

Pro Series Tournament Frog
Wiggle Wog
スナッグプルーフ社の新作で、トップウォーターではなくサブサーフェスで使うスイムベイトに近いウィ-ドレスルアーだ。私はこのままオープンエリアで使うのではなく、テールを切り取りその空気容量の多いボディデザインを活用したチューンを施し、雷魚用フロッグに変身させる。
使用予定フィールドは浮き草を想定している。ラウンドしたボディ形状と重めのウェイトは浮き草を揺らすアピールに優れていると期待している。もちろんパフォーマンスに関しては未知数のため今シーズンの実戦で確認したい。
Boss Rat
密生したカバーエリアではカバーからのすり抜けを良くするために先細のヘッド形状が有利となる。雷魚専用フロッグはそれを十分考慮したデザインになっているがこのスナッグプルーフ社製フロッグにおいてはオリジナルフロッグ、モスマウス、ボスラット、SKフロッグがそのボディ形状をしている。しかしある程度のボディ容積がないとウェイトが載らず、結果的に密生したカバーでは使い辛い。よってそれらの条件を満たすのは現状ではこのボスラットとなる。
雷魚専用フロッグと見比べると明らかに見劣りするデザインは使う側のモチベーションを下げてしまうが、雷魚専用フロッグの無かった頃はよく使ったものだ。今年は何年か振りの使用となるが、目から鱗が落ちるようなパフォーマンスを密かに期待している。
雷魚ゲームにおけるフロッグはウィ-ドレス性能とフッキング性能という相反する要求性能を高い次元で両立させなければならないという非常に難しい命題を抱えている。更に、ボディ素材である塩化ビニールの伸縮する性質上、その製造工程における品質のバラツキも避けては通れない。だから、数多く販売されているフロッグの中でノーマル状態から優れたパフォーマンスを発揮しているものはごく一部に限られている。しかし、我々ユーザーがチューニングしてしまえばその多くが高いパフォーマンスを発揮するフロッグへ変身させることができる。

Back to Tackle Top