Morishin-2007
LINE  

例年どおりVARIVASを使用する。

ラインの色については過去にいろいろ論じてきたが、コレと言った結論は出ていない。いつも言っていることだが、雷魚釣りにおいては、雷魚へのアプローチ方法(フロッグをトレースするコース、着水位置、着水音、葦など障害物への対処)や喰わせられそうな雷魚をいかにして見つけるかということの方が重要なので、ラインの色やブランドなどは重要ではない。

最近ではラインメーカー以外のブランドも見かけるので、使い比べてみようかとも思ってはいるが、大した特徴もないのに価格だけは高いので購入には至らない。PEラインを生産しているメーカーは少ないので、結局は同じなのだろう。

Back to Tackle Top