Look Back in 2003 by Morishin

Introduction
2003年は諸事情により釣行回数はたったの1回だけだった。それも梅雨真っ只中のタフなコンディションでの釣りとなった。しかし、そこは知り尽くしたフィールド、数も型もそれなりに釣る事ができた。仲間のNabeも2003年度にはそれなりの釣行回数があり、相変わらず数は申し分なく釣れていた。
しかし、それらの釣行記をアップさせることはしなかった。2002年から釣果報告や釣果の誇示に見えるようなコンテンツは載せないスタンスにしたからだ。
この釣りの本質をどう表現したらいいのかを常に考えながらサイトを作ってきた。

荒廃が続くフィールドの将来に対する不安とこの釣りを煽る釣具メーカーに対して疑問を持ってきたが、そんな心配のとおり年末には大手釣具メーカーが相次いで倒産した。

大手釣具メーカーの相次ぐ倒産は明らかにルアーブームの終焉を意味している。また、琵琶湖を始めとするフィールドでのバスの再放流禁止など、社会がこのルアー釣りの対象魚に対してはっきりとNOと言っている。

釣具メーカーの倒産=売上の減少=釣り人口及び需要の減少=釣りに行く回数の減少=釣れないから行かない=釣れないなら釣りを止める・・・短絡的な考えだが、だいたいこうした流れになってりるのだろう。バスにしても雷魚にしても、数年前とは比較にならないほどフィールドが減少し、釣り難くなってきている。だから、これからも釣り人口は減リ続けると思う。

こらからは釣りの本質を理解した人だけが残っていくのだろうが、これだけフィールドが減ってしまってはそれらの少数の釣り人ですら楽しめない状況に成りかねない。

しかし、そんなことを憂慮していても仕方が無い。釣果はどうなるか分からないが、これからも今までと変わらないスタンスでこの釣りをしていきたいと思っている。

Exciting tackle
HOT'SのSR59をあらゆる条件下で使った。最初の第一投の印象は想像どおり、バスロッドの感覚そのものだった。私はアキュラシーよりもその軽さと取りまわしの良さによるシビアコンディション下でのセンシティブなフロッグの操作性のメリットを感じた。しかし、その反面、フックアップ時のストロークとパワー不足は想像以上であり、しかも、寄せてからのやり取りに全く余裕が無い。雷魚釣りはラインを細くしてそのスリルを楽しむことはできないので、こうした不自由さのあるロッドを使うことで同様の楽しさが味わえる。
釣果だけにとらわれないで楽しむ方法はたくさんある。

Field Condition
何度も書いてきているが、今まで釣れていたポイントで釣れなくなってきた。毎年、または季節ごとにフィールドのコンディションが変化することは当然だが、近年はフィールドの変化というよりは荒廃が進んでおり、今年釣ったポイントの多くは昨年まで釣っていたところとは異なっている。また、意図的に一箇所で何本も釣らないようにしていたとは言え、まとまって釣れるポイントは非常に少なくなった。護岸工事によるポイント自体の消滅はもちろん、同じ水系における工事の影響によって水質の悪化やカバーの消失も数多くあった。
数多くのポイントをローテーションし、少しでも条件のいいところで最適のフィーディングタイムに釣るようにしなければいい釣果は得られなくなった。

Introduced Species
外来種問題はバスや雷魚はもちろんだが、水生植物においても問題になってきた。ホテイアオイは誰もが知っている外来水草であり、一部地域の野池ではそれを駆除するために草魚の放流が行われ、結果的にホテイアオイどころか全ての水草が食いつくされてしまうという別の問題も起きている。近年目にするボタンウキクサ(ウォーターレタス)やオオフサモの大繁殖は観葉植物として導入されたものが野生化して繁殖した。これら外来水草が急増している背景にはアクアリウムやガーデニングブームがある。また、行政が行っている自然復元事業においても安易に外来水草などが使われることもあるそうだ。バス問題だけではなく、今後は広い範囲で外来種問題は続くだろう。
これは我々日本人の認識の甘さはもちろん、自然保護と有効利用ということができない文化的発展の遅れがそうさせているのだろう。


Friends
遠征が必須のこの釣りは長時間一緒に車内で過ごすことも多いし、フィールドの情報の取り扱いのこともあり、どうしても釣り仲間は昔からの友人になる。しかし、付き合いの長い古い友人とはいえ、価値観や釣りに対するスタンスが必ずしも同じとは言えず、袂を分かつことになった友人も出た。昔のようにフィールドが無数にあり、釣り人口も少なかった頃であれば何ら気にすることもなかった事が、今ではそうはいかなくなっている。
フィールドの減少とともに私達自身の心も穢れてきたのかもしれない。しかし、袂を分けた友人ともいつの日かまた一緒に釣りに行けることを願っている。笑顔の絶えない釣りをまた一緒にできればと思う。

Back to earnest column top