Snagproof SK Frog

当時、先輩雷魚マンがこのフロッグでモンスターを数多く釣り上げていたため、私も知るようになった。ボディが小さいためにウェイトが背負えなく、スカートの空気抵抗も大きいためにキャスティングが難しいフロッグだった。しかし先輩雷魚マンはこの小型フロッグをG6ダクロン50ポンド(ラインの直径は今の10号クラスに匹敵するくらい太かったと記憶している)でキャスティングしていた。
このフロッグが生み出す移動距離の短い首振りアクションやダイビング、スカートによるアピールが効果的で、主にカバーやブッシュのエッジからオープンエリアでその威力を発揮した。また、小さなサイズとボディ形状によってフッキングが良いのも特徴だった。
80年代当時、このフロッグで大型雷魚を数多く釣り上げている先輩雷魚マンを見て、SKという名前はSnakehead Killerの略か?と真剣に思っていた。(本当はSuper Killerの略)
現代においても春のクリークでは威力を発揮しそうな気がする。


80年代後半になると、ラバースカートの取り付けやウィードレス性能に重点をおいたボディ形状に変更されたため、昔の面影は全くなくなってしまった。しかし、現行モデルになる直前には短期間であったが、フロッグの足無しモデルのようなデザインが存在した。個人的にはこのモデルが一番いいと思う。しかし、スナッグプルーフはスカートとのバランスを考慮し、現行のデザインにしたのだろう。そしてその後はデザイン変更もなく、現在に至っている。

ラトル入りのモデルも存在した。

現行モデルもラトルらしきものが入っている。


このSKフロッグは現在でもUSでは販売されているが、日本には入って来てないようだ。日本人受けしないデザインなので輸入されていないのだろうか?

スカートとのバランスを考えてデザインされているフックホールとボディ形状、すり抜けし易いヘッド形状、フックを固定する背中のデザインなどは非常に興味深い。


Back to enduring frog Top